10周年記念モデルのiPhoneの進化した機能とは

進化したiPhone

新しいモデルが発表されるたびにメディアで大きく取り上げられて、世間の注目を集めるiPhone。新型の発売日には新しいiPhoneを求めて長蛇の列ができます。iPhoneは2007年の1月に、最初のモデルが発表され、その後、新しいモデルが出るたびに変化を遂げてきました。今ではさまざまな種類があるiPhoneですが、10周年を記念して登場したモデルがあります。

まず、10周年の節目の機種では、これまでと大きく変わった点として、ホームボタンが廃止されています。そのかわりにディスプレイの下部にバーが導入されて、画面の大きさが格段にアップしました。フリックすることにより、ホームボタンのかわりとして使用することが可能です。画面は高解像度で、よりきめ細やかな映像を見ることができます。また、ディスプレイの大きさも5.8インチと、従来のモデルや同時に登場したモデルに比べて大きくなっているのが特徴です。そのほかには、充電ケーブル不要で置くだけの無接点充電を行うことができる点や、CPUの性能は向上しつつ省電力化されており、バッテリーが長持ちするようになっていて、発熱も抑制されると考えられている点も、進化を遂げた点といえるでしょう。

また、これまであった防水・防塵機能が向上しているなど、10周年機能版には多くの魅力があります。このサイトでは、これまであげたもののほかに、とくに注目したい10周年記念モデルの機能について取り上げていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。


▼iPhone関連の外部リンクはこちらからどうぞ▼
使用頻度の高いホームボタンやカメラ、ディスプレイなどは故障してしまうおそれもあります。万が一故障してしまった際には、iPhoneの修理依頼をしましょう … iPhone故障